【マットーネの特徴】革財布を選ぶなら知っておきたい特徴

マットーネの特徴

マットーネの特徴1

マットーネとは?

イタリアで1000年の歴史を持つと言われるバケッタ製法で鞣(なめ)された革に、卵白を使用したカゼイン加工を施すことにより独特の光沢を生み出している高級皮革。

マットーネに使われる皮

マットーネに使用する皮は主にカーフを使用しています。カーフは生後6ヶ月以内の仔牛の皮で、牛皮の中では最も高級な皮になります。

成牛の皮と比べるとケンカ傷などが圧倒的に少なく、繊維が非常にきめ細かいのでしっとりとした柔らかい皮です。

分厚さも成牛に比べて薄くなりますので、かなり繊細で弱い皮だと言えるでしょう。

流通量も少ないので希少価値が高く、価格も比較的高価になりやすい高級品です。

バケッタ製法とは? 1

皮を革にする製法は世界にたくさん存在していますが、その中でもバケッタ製法はイタリアのトスカーナ地方で1000年の歴史を持つ伝統的な製造法です。

トスカーナ地方と言えば芸術やワインが有名ですよね。私はワインが好きなのでトスカーナと聞くとキャンティ・クラシコを思い出しますが、他にもオリーブやハムなどが有名です。イタリアはよく長靴やブーツの形に似ていると言われていますが、イタリアを「ブーツをはいている足」に例えると、トスカーナ地方は丁度ひざ上あたりに位置しています。画像で見ると広いですね。

イタリアンレザーで有名なトスカーナ地方の地図

そんなトスカーナ地方で古くから行われてきたバケッタ製法は、工程が多く、さらに皮を1枚1枚丁寧に手作業で加工するとても大変な手間とコストのかかる製造法なので、あるとき継承者がいなくなり、長い間バケッタ製法を扱う者はいませんでした。現代になり、文献の中だけに残っていたバケッタ製法を独自の技術と革に関する豊富な知識で復活させたのが、バダラッシ・カルロ社です。

今ではバダラッシ・カルロ社は、ミネルバボックス、ミネルバリスシオ、そしてマットーネなど、数々の高級イタリアンレザーを生産する世界的に有名なタンナー(皮革製造業者、イタリアではコンチェリアと言われています)になりました。

バケッタ製法とは? 2

バケッタ製法は、まず100%天然の植物タンニンで鞣(なめ)されます。動物の皮はとても柔らかく非常に丈夫ではあるのですが、何もしないとすぐに腐敗したり、乾燥して硬くなり割れてしまうことがあります。これを防ぐために木から採れるエキス(タンニン)や薬品を使って革として長持ちするように加工することを「鞣し(なめし)」と言います。

バケッタ製法では植物タンニンで鞣し、皮を革にしたあと、革にオイルを含ませる工程に入りますが、この時に使用するオイルは牛脚の油を使います。

一般的にオイルレザーと言われる革は、基本的に植物の油や魚の油が使用されています。そのほうが早く革に浸透し、コストも抑えられるからですね。逆に牛脚の油はこってりとしているので革に浸透しにくく、加工に時間もコストもかかってしまいます。

なぜバケッタ製法は、わざと時間をかけて浸透しにくいオイルを使うのか。

浸透しにくいということは、抜けにくいということなんです。植物や魚のさらさらのオイルよりも、牛脚のこってりしたオイルのほうが革から抜けにくいので、もちろん乾燥にも強く、長く革を守ってくれるのでメンテナンスもそれほど必要ありません。

このように、非常に多くの時間とコストがかかるバケッタ製法で作られた革は仕上がりがとても柔らかく、使い込む程に独特の色艶になり、表情に深みが出てくるのが特徴です。

ちなみに、バケッタ製法で使われる牛脚油の特徴として、植物油や魚油にはない独特の匂いがあります。革製品をたくさん使っていると、牛脚の油は匂いでわかるようになります。

カゼイン加工とは?

マットーネは、高級なカーフをバケッタ製法で鞣し、仕上げとしてカゼイン加工が施された本革です。

カゼイン加工とは、卵白などのタンパク質にワックスやオイルを加えたカゼイン仕上げ剤で表面を磨くことにより、独特の光沢と色艶が出る仕上げ加工法です。

この加工をすることによりマットーネ特有の光沢が生まれ、美しい色艶から高級感が増し、さらっと手に馴染むような手触りになります。

同じイタリアンレザーのミネルバボックスやミネルバリスシオはカゼイン加工がされておらず、どちらかというと革本来の色艶に近いですが、マットーネはあえてそこにカゼイン加工仕上げをし美しい艶を出した革と言えるでしょう。

代表的なイタリアンレザーと比較

コードバン、ブライドルレザーと並び世界三大レザーと言われているイタリアンレザーですが、その中でも代表的なイタリアンレザーを簡単に紹介し、マットーネと比較してみたいと思います。

当館おすすめのイタリアンレザー小銭入れも参考にしてみてください。

イタリアンレザー小銭入れ10選

ミネルバボックスとマットーネ

マットーネの特徴2

イタリアを代表するタンナー、バダラッシ・カルロ社の代表作ミネルバボックスは主に成牛の皮を使い、マットーネと同じくバケッタ製法で鞣され、シボ(本革独特の凹凸)を出すために空打ちと呼ばれる工程を経た革です。

最初はマットーネのような光沢はありませんが、使い込むと光沢が増し深い色艶に経年変化します。

マットーネとの一番の違いは不均一・不規則でありながらも美しいシボです。機械的に型押しされた柄ではなく、自然な革本来の姿がそこにあるかのようなシボがミネルバボックス最大の特徴です。

さらに、マットーネとミネルバボックスでは使われている皮の種類が全く違うので、質感や肌触りなども違ったものになります。マットーネはカーフ(生後6ヶ月以内の仔牛の皮)を使用しているので、非常に柔らかく繊細な肌触り。ミネルバボックスは主にカウ(生後2年以上のメスの成牛)が使われており、マットーネ程の繊細さはありませんが、しっかりと手に馴染む質感はファンから高い評価を得ています。

マットーネの特徴6

ミネルバリスシオとマットーネ

マットーネの特徴3

同じくバダラッシ・カルロ社から、ミネルバリスシオと呼ばれるイタリアンレザーがあります。

リスシオはイタリア語で「なめらか」という意味を持ちます。ミネルバボックスとは兄弟のような関係で、こちらもバケッタ製法から生み出される高級皮革です。

その名の通り表面にシボはなく、とてもなめらかな肌触りになっており、イタリアンレザー特有の美しい発色が特徴です。

マットーネと少し似ているのですが、ミネルバリスシオは牛革の中でも一番硬いと言われているショルダーの部位を使っていますので、マットーネ程の繊細さはありませんが、マットーネよりも比較的硬く丈夫に作られています。そして極限までなめらかになるよう加工されてあるので、手触りはとても気持ちよくさらさらしています。

マットーネのほうが皮の希少性が高いので、価格も比較的高価になることが多いです。

マットーネの特徴7

ナポレオンカーフとマットーネ

マットーネの特徴4

ナポレオンカーフはマットーネと同じ原皮、カーフを使ったオイルドヌバックです。ヌバックとは、表面をサンドペーパーで削りわざと起毛させた革のことを言います。そのためしっとりと手に吸い付くような質感と、触っていて気持ちの良い手触りが特徴です。

マットーネと同じで革にたっぷりとオイルを含ませる加工をするのですが、ヌバックにするだけでここまで違うのかと驚くぐらい違った特徴を感じることができます。

マットーネのタンナーは超一流のバダラッシ・カルロ社ですが、ナポレオンカーフのタンナーは非公開とされており、そのためにマットーネと比べると比較的低い価格で販売されているようです。革はどちらも最高級皮革であることに変わりはありませんが、タンナーの違いでここまで価格に差が出ているのはバダラッシ・カルロ社の強さでしょうか。

そしてもう一つナポレオンカーフ最大の特徴として、経年変化(エイジング)が非常に早いことがあげられます。イタリアンレザーはエイジングしやすい革が多いのですが、最強のエイジング革と言われているナポレオンカーフはマットーネだけでなく、他の本革と比べても圧倒的なスピードでエイジングしていきます。

約半年で大きく変化すると言われているナポレオンカーフは、もちろん製造中にもエイジングしてしまうくらいです。大きくエイジングしてしまった在庫は販売できないので、大量生産ができずどうしても少量生産になってしまいます。

つまり、非常に希少性の高い高級カーフを使い、価格も安く、少量生産での販売となりますので、結果的に常に品薄状態になり、手にいれるのが困難な商品が多くなっています。マットーネも希少性の高いカーフを使用しており、かなりの人気皮革ではありますが、ナポレオンカーフよりは在庫が安定しているイメージです。

マットーネの特徴8

マットーネのお手入れ・メンテナンスの方法

本革専用保護クリーム

基本的なメンテナンスの方法はこちら「本革小銭入れのメンテナンス方法」をご覧ください。

マットーネのメンテナンスは軽いブラッシングと空拭きだけで十分です。一番のメンテナンスは日々使うことです。

メンテナンスは基本的には月に1回程度で十分ですが、軽いブラッシング程度でしたら毎日しても問題ありません。

これだけで十分長く、綺麗に使うことができますが、もっとこだわりたい!という方のためにもう少し詳しく解説したいと思います。

保湿クリームについて

マットーネは先に紹介しましたように、たっぷりの牛脚オイルを時間をかけて革に浸透させています。革に染み込んだオイルが革を守り、乾燥しにくくなっていますので、購入当初は保湿クリームは必要ありません。

特に牛脚オイルは革に浸透させにくく抜けにくいという特性を持っていますので、かなり長い期間に渡って革を保湿してくれます。

さらに、日々使っていれば、手の脂などが表面をコーティングしてくれますので、それだけでメンテナンスは十分です。

革のオイルが抜け、少し乾燥してきたなと思ったときに保湿クリームをするのが良いかと思います。

メンテナンスに使う道具は、革に優しく、傷がつかないものを選びましょう。おすすめは次の項で紹介しています。

メンテナンス用品

  • 毛先が柔らかい山羊毛のブラシ

    ⇒毛先が柔らかい山羊毛のブラシ

  • 本革専用の保湿クリーム

    ⇒本革専用の保湿クリーム

  • 柔らかい布

    ⇒柔らかい布

布に関しては男性用シャツの切れ端など、柔らかく傷がつかないものなら大丈夫です。おすすめはココマイスター公式がおすすめしているコロニルのメンテナンス用品。以下のリンクから公式ホームページで購入できます。

本革専用メンテナンス用品

濡れてしまった場合

マットーネも他の本革と同じく防水加工がされていないので、水濡れには十分注意しなければいけません。ただ、革に牛脚油をたっぷりと含んでいるので他の本革に比べると少しは耐水性があると言えるでしょう。

もし雨や汗で濡れてしまったときはすぐにきれいな乾いた布で叩くようにして拭き取ります。ゴシゴシこするのは革にダメージを与えてしまうのでよくありません。そして日陰で十分乾くまで乾燥させましょう。

大量の水に濡れてしまったときは、乾いたあとに型崩れしてしまう可能性があるので、そのときは乾いた布でしっかりと水分をとったあと、中に何か物を詰めてきれいな形になるようにしてから乾燥させてあげることが大事です。

革は熱にも弱いので、乾燥させる際はドライヤーやストーブの温風は使わずに、なるべく自然乾燥させてあげましょう。

防水スプレーについて

色の変化が出てしまう可能性がありますので、私は基本的には防水スプレーはおすすめしていません。製造元があえて防水加工していないのには理由があるからです。つまり、革本来の風合いや変化の仕方が変わってしまうことがあるからです。

マットーネはオイルレザーなので、他の本革に比べると少しは水に強くなっていますが、それでも水に濡れるとシミになってしまうことがありますので、気になる方はスプレーしておきましょう。

スプレーする際は、まずブラシなどで軽くホコリを落としてから。そして2,30センチ離して均一になるようスプレーし、乾くまで触らないことがコツです。

おすすめの防水スプレーは、ココマイスターが公式でおすすめしているコロニルのウォーターストップスプレーです。高級皮革を専門に扱うココマイスターが公式におすすめしている商品ですから、安心して使うことができます。

傷について

マットーネは繊細なカーフを使用していますので、小さな傷がつきやすくなっています。

傷がついてしまうのはいけないことではなく、それも革の味の一つとして楽しむのが良いかと思います。

傷を隠そうとクリームを塗ってしまうと、逆にシミになってしまったりすることがありますのでおすすめしません。気になる方は軽く指でこすってあげるか、革の持つ再生力で自然回復するのを待ちましょう。もちろん革に染み込んだオイルが少なくなっていると回復しにくいので、そのときはメンテナンスもかねて全体に均一にクリームを塗ってあげるのが良いかと思います。

メンテナンスのポイントまとめ

  • ・一番のメンテナンスは日々使うこと
  • ・基本はブラッシングと空拭き
  • ・最初はクリームは塗らない
  • ・乾燥してきたらクリームでメンテナンス
  • ・濡れたらすぐに拭く
  • ・防水スプレーはブラッシングのあと
  • ・傷はなるべく放置する
  • ・ひたすら優しく丁寧に、愛を込めて

関連記事

これぞ本革!イタリアンレザー小銭入れ10選

世界中でファンが多いイタリアンレザーの小銭入れをご紹介。本場イタリアで作られる革は、明るい色味で、しっとりとしたオイルレザーが多いのが特徴。

【ミネルバボックスの特徴】

適度なシボが革らしさを出している、イタリアの名革ミネルバボックスの特徴や、財布や小銭入れを選ぶなら知っておきたい基本的な知識など。

【小銭入れブランド】あまり知られていない超優良ブランド6選

とことん品質にこだわる日本の超優良ブランドをご紹介します。あまり知られていませんが、小銭入れを選ぶなら是非見ておきたい重要なブランドばかりです。

小銭入れ総合ランキング2017

私が知る小銭入れの中から、特におすすめしたい小銭入れ7点を、総合評価し、ランキング形式でご紹介。

【小銭入れ.com】2017年版おすすめのメンズ小銭入れを厳選

当館のトップページです。小銭入れの魅力や、小銭入れをお探しの方に役立つ情報を掲載しています。

以上、【マットーネの特徴】革財布を選ぶなら知っておきたい特徴でした!

高級イタリアンレザーの中でもファンの多いマットーネは、男性にも女性にもおすすめできる本革です。