【マネークリップ】おすすめのブランドから2点を徹底比較!

海外ではメインの財布として使われるマネークリップも、日本ではあまり見かけることはありません。チップの風習がないことや、どうしても小銭が多く発生してしまうので、マネークリップだけでは難しいということなんでしょう。

しかし、小銭入れとマネークリップの相性は抜群で、このスタイルを使いこなす男性はとてもオシャレでかっこいいですよね!

そこで今日は、当館おすすめブランドから本革マネークリップ2点をご紹介し、徹底比較してみました!

マットーネ・マネークリップ/ココマイスター

ココマイスターマネークリップ

まずはこちらココマイスターから、イタリアの高級皮革マットーネを使用したマネークリップ。

計算されたシンプルな作りで、スタイリッシュにお札をまとめることができます。

マットーネの丁度良い柔らかさが手によく馴染み、エイジングを気軽に楽しめる逸品。

公式ページを見る ※定期的に再販売していますが、人気商品は売り切れの場合もあります。ご了承ください。

ミネルバリスシオ・フェルマソルディ/アヤメ アンティーコ

アヤメアンティーコマネークリップ

アヤメ アンティーコからは同じくイタリアの高級皮革ミネルバリスシオを使用したマネークリップ。

お札を守るために堅牢な革を使い、それでいてかなり薄くデザインされているのでポケットに入れても全く邪魔にならない。

内装にもミネルバリスシオを贅沢に使用した逸品。

公式ページを見る ※定期的に再販売していますが、人気商品は売り切れの場合もあります。ご了承ください。

2点を比較

ココマイスター アヤメ アンティーコ
外装 マットーネ ミネルバリスシオ
内装 ヌメ革 ミネルバリスシオ
価格 14,000円 10,000円
外寸 縦90mm×横98mm×厚さ7mm 縦90mm×横120mm×厚さ5mm
重さ 40g60g
機能 ポケット×1,クリップ×1 ポケット×3,クリップ×1
色種 オールドブラック
ブランデー
ビターチョコ
オリーブ
ブルーハワイ
オルテンシア(ブルー)
カフェラテ(ブラウン)

見た目は似てるのですが、こうして比較してみると少し違うことがわかるかと思います。もちろんブランドが違うので、違いがあるのは当たり前です。

詳しく見ていきましょう。

機能性の違い

革はもちろんですが、機能性・使いやすさはとても大事です。

左がココマイスターの内装、右がアヤメ アンティーコの内装です。

ココマイスターは簡単なポケットが1つ付いているだけなのに対し、アヤメ アンティーコはしっかりとしたカードポケットが3つ付いています。

そして実は、ココマイスターのポケットには横向きにカードが入りません。小さめのカードなら入りますが、一般的なクレジットカードだとかなりきついです。入らないこともないですが、無理しないと入りません。縦に入れると入るのですが、縦の長さとカードの長さがほぼ同じなのでマネークリップを閉めたときに少しだけ見えてしまうのですね。あとやっぱりちょっとカードが落ちそうになるので、ここにクレジットカードを入れるのはやめておいたほうがよさそうです。

アヤメアンティーコはココマイスターよりも横幅が2㎝ほど長くなっており、しっかりとカードが3枚入ります。カードを入れようと考えている人はこれはかなり大きいメリットだと思います。しかしその分、約20gほど重たくなっていますがこれはたいして気にならない差かと思います。

お札をおさえる金属の部分はどちらもバネ式になっており、持ち上げると大きく開くようになっていますが、持ち上げなくてもお札を取り出すことができるぐらいの圧に調整されています。アヤメアンティーコでは確認できていませんが、ココマイスターなら、もしこの部分が壊れた場合は無償で修理してもらえるみたいです。

マットーネとミネルバリスシオの違いと特徴

どちらもイタリアの高級皮革ですが、ココマイスターはマットーネ。アヤメ アンティーコはミネルバリスシオという本革を使用しています。

マットーネは主に希少価値の高いカーフ(生後6ヶ月以内の仔牛の皮)を使用しており、繊維が細かく、とてもしっとりとした柔らかい触り心地が特徴。

イタリアで1000年続くと言われている伝統的なバケッタ製法で作られた皮革で、オイルをたっぷりと含み、かなり経年変化(エイジング)しやすくなっています。

天然皮革の証であるバラ傷やトラ(シワ)を残しながら特殊な製法で光沢を出し、使えば使うほど色の深みが増してきます。

マットーネの特徴とお手入れ・メンテナンスの方法

ミネルバリスシオも、マットーネと同じくイタリアの伝統的なバケッタ製法で作られた本革。

リスシオはイタリア語で「なめらか」という意味で、その名の通りとてもなめらかな肌触りです。マットーネはバラ傷やトラをあえて残す加工をしていますが、リスシオはどちらかというとシワなどが少なく、それでいてとてもしっとりしています。

柔らかくしっとりしていますが、革は主に堅牢な肩の部位から採られているので、意外と堅牢でもあります。

カラーバリエーションを比較

ココマイスターが5種類、アヤメアンティーコが2種類です。どれも本革独特の美しい色合いで素敵です。

カラーバリエーションではココマイスターのほうが多く選べますが、どちらも人気商品なため結局選びたいカラーが売り切れていたなんてことが本当によくあります。

本革製品はどれも一期一会と言われていますので、好きな色があればラッキーぐらいに思っておいたほうがよいかもしれません。

総合比較

価格はココマイスターのほうが2,000円高くなっていますが、これを高いとみるか安いとみるか、迷ってしまいますね。(2016年10月にマットーネの価格改定があり、さらに2,000円高くなってしまいました。12,000円⇒14,000円)

やはりカードが3枚入るアヤメアンティーコが一歩リードと言いたいところですが、私はマットーネが好きなのでココマイスターもおすすめしたいです。

ここまで比較しておいてなんですが、本革製品はやはり最終的には革で選ぶのが一番良いような気がします。

ココマイスター公式 アヤメアンティーコ公式

人気の記事

小銭入れの使い方を考察!正しく使えていますか?

長財布と小銭入れ、マネークリップと小銭入れ、小銭入れひとつ持ちなど、小銭入れを使う人のために様々なスタイルを考察しています。

【小銭入れブランド】あまり知られていない超優良ブランド6選

とことん品質にこだわる日本の超優良ブランドをご紹介します。あまり知られていませんが、小銭入れを選ぶなら是非見ておきたい重要なブランドばかりです。

小銭入れ総合ランキング2017

私が知る小銭入れの中から、特におすすめしたい小銭入れ7点を、総合評価し、ランキング形式でご紹介。

【2017年最新版】おすすめのメンズ長財布36選

本当に自信を持っておすすめできる最高の長財布だけを掲載していますので、長財布で迷ったときは間違いなく参考になるはずです。

【小銭入れ.com】2017年版おすすめのメンズ小銭入れを厳選

当館のトップページです。小銭入れの魅力や、小銭入れをお探しの方に役立つ情報を掲載しています。