小銭入れの選び方!4種類のタイプをわかりやすく解説!

プレゼントに小銭入れを選ぶ方は多いと思いますが、一体どんなタイプの小銭入れがあるのか、どうやって選べばいいのか、難しいですよね。特に本革の小銭入れは奥が深い世界になりますので、選ぶのは大変だと思います。高いだけであまり質のよくないものを選んでしまうと、結果すぐにボロボロになってしまうこともありますから、慎重に選ばなくてはいけません。

まずは予算を決め、4種類のタイプを知り、自分に合った小銭入れを選びましょう♪

合わせて読みたいおすすめの記事です!
小銭入れ総合ランキング2017

予算を決める

まずは予算を決めましょう。モノを選ぶときの基本ですが、とても大事なことです。

大切な人へのプレゼントに300円の小銭入れを選ぶ人はなかなかいないと思いますが、それぐらいの予算なら雑貨屋さんなどをまわるか、インターネットで格安の小銭入れを探しましょう。おそらく本革の小銭入れは買えないかと思いますので、あきらめたほうがよさそうです。

逆に1万円までの予算ということであれば十分上質な本革小銭入れを選ぶことができます。

1万円以内の小銭入れ

ただ、その価格帯の人気商品は完売していることが多く手にいれるのがタイミングによっては難しいかもしれません。上質な本革の小銭入れは生産数が少ないので、どうしても在庫に限りがあります。その中で比較的お買い求め安い1万円以内の商品はどうしても人気商品となり、ブランドによってはすべて完売しているなんてこともよくあります。

注意してほしいのが、1万円以内で買える小銭入れは無数にあるということです。つまり、数が多すぎて、本当に良いものを見分けるのが本当に難しいです。

そもそも本革にこだわらなければもっと低予算で小銭入れを選ぶこともできますし、加工・縫製技術などを気にしなければ、本革でも5,000円前後で購入することも可能です。

予算が2万円あれば、最高級の商品を手に入れることができるのが、小銭入れの素晴らしいところですよね。これが鞄や長財布だと、3~10万円は覚悟しなければいけません。

1万円台の小銭入れ

2万円台の小銭入れ

2万円までならお小遣いで買える!というサラリーマンの方は多いかと思いますが、10万円をお小遣いでとなるとかなりハードルが高いと思います。小銭入れはそこまでハードルは高くないので、どうせ買うなら本当に良いものを選んでみてはいかがでしょうか。

そして、中には小銭入れでも3万円以上するものがあります。これは予算に余裕がある人か、マニア向けの価格帯となっています。3万円あれば、ある程度上質な長財布や鞄が買えてしまうので、小銭入れでこの価格は贅沢です。もちろん価格に見合った最高級品が多くなります。

3万円以上の小銭入れ

海外の有名ブランドでは商品の価値以上に価格が高騰していることが多いので、ここでは本当に3万円以上の価値がある小銭入れを紹介しています。ご存じかと思いますが念のため申し上げますと、縫製技術からして海外のブランドよりも日本ブランドのほうが強いです。日本の加工・縫製技術は抜きんでて優れています。対して革はヨーロッパが強いです。比較的寒い気候で、昔から革が多くのことに使われており、伝統的な製法が今でも受け継がれています。さらに原材料としての革も日本よりも多くとれますので、革に関して言えば日本よりもヨーロッパです。日本では気候的に、例えば革靴や革の衣服は暑くて蒸れますし、そもそも原材料として革が多くとれません。

なので日本の有力なブランドはこぞってヨーロッパの上質な革を輸入し、日本の技術で仕上げるという方法をとっています。それがココマイスターやYUHAKUをおすすめする理由でもあります。

形を選ぶ

予算がある程度決まったら、次は形を選びましょう。主な形は以下の4種類です。

  • 1.ラウンドファスナータイプ
  • 2.L字ファスナータイプ
  • 3.馬蹄型
  • 4.BOX型

では、一つずつ解説していきたいと思います。

1.ラウンドファスナータイプ

1番人気のラウンドファスナータイプから見ていきましょう。まずイメージとしてはこちらです。

ラウンドファスナータイプ

こちらはココマイスターの小銭入れです。ラウンドファスナーはコの字型にぐるっとファスナーが付いているものを指します。特徴はその収容力と機能性、そしてデザインです。カードや折ればお札も入り、どの角度で持ち歩いても小銭が落ちる心配はありません。

長財布のラウンドファスナータイプは少し分厚くなってしまうというデメリットがありポケットなどに入りにくく、入っても型崩れするおそれがあるのでおすすめできません。一方小銭入れの場合、ラウンドファスナータイプでありながらコンパクトなものが多いので、ものによってはポケットに入れて歩くことも可能です。(汗を吸ってしまうので、個人的にはおすすめしませんが・・・。)

小銭入れタイプ1 小銭入れタイプ2 小銭入れタイプ3

私が初めて買った小銭入れがラウンドファスナータイプの小銭入れで、その使いやすさに惚れてしまい、それまで使っていた長財布を使わなくなったほどハマってしまいました。

本革の小銭入れを使うなら、ラウンドファスナータイプが一番楽しめるかもしれません。他のタイプよりも堅牢でしっかりしているものが多く長持ちするので、経年変化(エイジング)を楽しむにはもってこいの形です。

ラウンドファスナータイプの小銭入れをもっと見る

2.L字ファスナータイプ

コンパクトなのに収容力に優れているL字ファスナータイプです。イメージはこちら。

L字ファスナータイプ

名前のとおりL字型にファスナーが付いているタイプの小銭入れです。

ラウンドファスナーと違いあまり口がひらかないので、柔らかい革を使用しそのデメリットを解消していることが多いです。人によって様々な使い方ができるのもこのタイプの特徴で、カードやお札の収容力で言えばラウンドファスナーよりも勝るかもしれません。もちろんファスナーなので小銭が落ちることはありません。

小銭入れタイプ4

L字ファスナーは、ラウンドファスナーと違い一息でファスナーをあけることができます。ラウンドファスナーの場合は2回折り返しますが、そのストレスはL字にはありません。さらにファスナーの逆側は薄くなっているので、ポケットなどにさっと入り、出し入れしやすいのが特徴です。全体的にラウンドファスナーよりも厚みが薄いタイプが多いです。

L字ファスナーは、ラウンドファスナーほどの堅牢さを捨て、ラウンドファスナーの弱点を補う形となっています。なのでよくこの二つは比べられたりもするのですが、どうしてもしっかりとしたラウンドファスナーが人気のようで、各ブランドそろってL字ファスナーはあまり製造していないというのも事実。

L字ファスナータイプの小銭入れをもっと見る

3.馬蹄型

馬のヒヅメ(馬蹄/ばてい)の形をした美しい曲線が特徴的な小銭入れ。イメージはこちら。

馬蹄型

まれにファスナー付きのタイプもありますが、ほとんどはファスナーはついておらず、折りたたんで箱にふたをするイメージ。

実はこのタイプは形を作るのが難しく、柔らかい革だとふたができないので、丈夫な革を使わなくてはいけないという少しクセのある形です。そしてさらに熟練の技術がないとズレが生じてしまい、閉まらなくなったりすることもあるので、馬蹄型の小銭入れを選ぶなら信頼のおけるブランドで選びましょう。

小銭入れのタイプ5 小銭入れのタイプ6

丈夫な革の代表格がコードバンですが、その丈夫さを利用し馬蹄型によく使われています。コードバンと言えば高級皮革の中でも別格の最高級皮革になりますが、これを気軽に楽しめるのは小銭入れぐらいです。長財布などになると値段がはね上がりますので、ちょっと手を出しにくくなります。

長財布というワードが出てきましたが、馬蹄型最大の特徴として、長財布にはない形であるということも言えます。ラウンドファスナーやL字ファスナーは長財布にも似た形がありますが、馬蹄型だけは小銭入れだけのオリジナルの形になります。小銭入れマニアにとってこの形は特別なのです。

馬蹄型は、海外では「幸運のシンボル」と言われており、お守りとして持つ人もいるそうです。財布と小銭入れを分けることは風水的にも良いらしいですね。

馬蹄型の小銭入れをもっと見る

4.BOX型

四角い箱の形をした小銭入れ。イメージはこちら。

BOX型

最近ではラウンドファスナータイプや馬蹄型が流行っていますが、数年前までは小銭入れといえばBOX型というぐらいたくさん使われていました。もちろん今でも人気のある形で、開けた時に中が見やすく、幅広い年齢層で使われています。

カードや切符などが入るポケットがついているタイプもありますが、お札はほとんど入らないと考えたほうがいいでしょう。長財布と併用で持つならBOX型はかなり重宝する形だと思います。

小銭入れのタイプ7 小銭入れのタイプ8 小銭入れのタイプ9

私がBOX型を使っていて一番良かったと思ったのは、片手がふさがっていても使えるところです。ショッピングをしていると、片手が荷物でふさがっていることってよくありますよね?そんなときBOX型の小銭入れなら、机に置いて、ふたを開けて、片手で小銭を取り出すことができます。もちろんお札は別で持ち歩くことになるので、コンビニなどで活躍するシチュエーションでしょうか。片手に長財布を持ち、BOX型を机に置いてお札と小銭を上手に出すというのもスマートで素敵な使い方だと思います。

ちなみにBOX型と似ているスライドタイプという形もありますが、おすすめできる商品の数が少ないというのと、BOX型と似ているということで、当館ではBOX型とひとくくりにして紹介しています。

BOX型の小銭入れをもっと見る

関連記事

【ラウンドファスナー】本革小銭入れ10選

4種類のタイプの中で、一番人気の高いラウンドファスナータイプの小銭入れを10点ご紹介します。

【L字ファスナー小銭入れ】絶対に外せない王道4選

小銭入れマニアの私が自信を持っておすすめできるL字ファスナータイプの小銭入れを、4点だけご紹介しています。

大人の男性に持って欲しい!馬蹄型の小銭入れ5選

男性に人気の馬蹄型小銭入れ、5点ご紹介します。美しい曲線を描き、コンパクトで男らしいスタイリッシュなコインケース。

BOX型の小銭入れ6選!コンパクトで薄い箱型のコインケース!

コンパクトでポケットにすっと収まるサイズなのに、たくさんの小銭が入る、元祖小銭入れのBOX型。昔から今でも人気が高く、幅広い年齢層で支持されている財布です。

小銭入れランキング関連記事1

とことん品質にこだわる日本の超優良ブランドをご紹介します。あまり知られていませんが、小銭入れを選ぶなら是非見ておきたい重要なブランドばかりです。

【小銭入れ.com】2017年版おすすめのメンズ小銭入れを厳選

当館のトップページです。小銭入れの魅力や、小銭入れをお探しの方に役立つ情報を掲載しています。

おわりに

小銭入れの選び方と4種類のタイプをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。本当は、染色方法だったり、革の種類だったり、まだまだ奥が深い小銭入れですが、それはかなりマニアックなお話になってしまうので今日はこのへんにしておきましょう。最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。